2012年9月 トルコ旅行記? その2

ここでは、「2012年9月 トルコ旅行記? その2」 に関する記事を紹介しています。
画像を適当にチョイスするだけで小一時間かかるとは。。。
DSCN0289.jpg

2日目の朝~。

雨は降りそうもない天気、よかったよかった。


DSCN0290.jpg

屋根の上にエアコンの室外機??

わからん。。。


DSCN0291.jpg

部屋から下を見ると、昨夜の晩飯を食べた場所が。

トルコの室内は全て禁煙になっているせいか、

食堂もテラス等の屋外が併設になっている場所が多かった

トルコでタバコ吸う人はかなり多いと思う

水タバコもあるくらいだしねぇ


DSCN0293.jpg

猫<やぁ、おはよう

またずいぶん近いところに。。。おはようございます

猫用の階段なんですかね、コレ。


DSCN0294.jpg

朝ごはむ

ビュッフェ形式のスタイルでした

パンの上のスクランブルエッグみたいなヤツがうまくて

「この玉子のやつうめぇ!」と連呼しながら食べた

白いハムは鶏肉のハムらしく、あっさりめ

「この白いハムうめぇ!」


DSCN0296.jpg

左手から多様なコーンフレークが並んでいて

トッピングの干しアンズやバナナチップ、レーズン等があり

ジャムはストロベリー・チェリー・マーマレード、ピーナッツバター?みたいなのも


DSCN0298.jpg

自分たちが使ったのはこんな感じのテーブルで、

奥の方には4人がけの丸いテーブルがあって他のお客さんが利用してた


DSCN0299.jpg

ホテルから出て、すぐに子猫が足元にじゃれついてくる

トルコは猫多いな~


DSCN0300.jpg

朝のトルコ

外国に来てるなぁ~感がビシビシと

空気が違うね、空気が


DSCN0301.jpg

ビカーッ!

うおっ、まぶしっ!!1

このシルエットの建物はいったい。。。!?


DSCN0302.jpg

ブルーモスク<やぁ、ぼくだよ

ぉぉぉ、朝日の中のブルーモスクさんもまた美しい。。。

今日は中を覗かせて頂きまふ^q^


DSCN0303.jpg

そびえ立つ6本のミナレット

そしてブルーモスクにも負けない青空

最高です


DSCN0304.jpg

ブルーモスクへ行く途中の手洗い場?の天井

もう既にキラキラして繊細な模様が描かれているんですがー


DSCN0305.jpg

オベリスクと観光客


DSCN0306.jpg

このオベリスクはトルコで作られた物ではなく、

エジプトで作られてからトルコまで運ばれてきたらしい

エジプトさんはピラミッドといい、オベリスクといい重労働させすぎじゃないですかぁ!?


DSCN0307.jpg

台座の模様

オベリスクが実は大変な代物なのはわかったが

地味すぎて見てても大して面白くはn


DSCN0310.jpg

ブルーモスク入り口D


DSCN0317.jpg

ドア越しのブルーモスクさん

朝だけどすでに観光客がステンバーイ


DSCN0312.jpg

ブルーモスクの中庭(?)

見学時間前だったので、みんなココで時間つぶしてた


DSCN0318.jpg

礼拝前に手や足を洗うところ

最初は観光客も洗わないとダメなのかなぁと思ってたのですが

特に洗う必要はありませんでしたー

ただ、肌が出てる服やズボンは慎む必要があるかと

女性は髪の毛を隠すために入り口でスカーフ渡されてました


DSCN0322.jpg

ブルーモスクの向かいの広場

むむむ、あそこにおわすは。。。


DSCN0321.jpg

アヤソフィアさんだー

後で見に行くからね、グフフ


DSCN0327.jpg

ブルーモスク内部


DSCN0330.jpg

装飾がやべぇ。。。


DSCN0328.jpg

ステンドグラス


DSCN0333.jpg

キレイすなぁ。。。

ブルーモスク内部は観光客の足のニオイがミックスされて

けっこうキツイという事前情報を得ていたが

ホリデーシーズンから外れていたためか、特に感じなかった

それかオレの鼻が悪いのか??


DSCN0339.jpg

噴水とアヤソフィアと奥さん

なかなか面白い構図になってる気がする


DSCN0347.jpg

斜めからのアヤソフィアさん

入場口の100mくらいから並ばされた時の写真

並んでる間に、水の売り子やトルコの民族帽子?の売り子や、ガイドの売り込みが

英語で話しかけてくるのでそんなに手持ち豚さんにはならなかった


DSCN0348.jpg

アヤソフィアさん内部

ブルーモスクとは全く違う内装ですねぇ


DSCN0349.jpg

ロマサガ2のボスにこんなのいたよね


DSCN0350.jpg

対になってた壁画、顔がない。。。


DSCN0351.jpg

4隅にそれぞれ大天使的なものが


DSCN0352.jpg

観光客がワンサカホイ


DSCN0354.jpg

ベストポジションにいたネコ

おまえ。。。わかっているな!11


DSCN0355.jpg

階段

ブルーモスクにもあったね


DSCN0356.jpg

天井に絵書くのって大変だろうなぁ。。。


DSCN0361.jpg

柱に穴が開いていて

親指を入れて、手のひらをつけたまま1回転すると

「なんかいいらしい」というオブジェ

とりあえず奥さんをけしかけてみたよ


DSCN0366.jpg

ブルーモスクもそうだけど、装飾細かいー


DSCN0367.jpg

柱の上部

昔の人の手先器用すぎワロタ


DSCN0373.jpg

アヤソフィア2階からのブルーモスク

どこから撮っても絵になるって怖い!11


DSCN0374.jpg

偶像崇拝禁止でボロボロの壁画


DSCN0379.jpg

モザイク画のアップ

今でいうドット絵職人的な感じですかね??


DSCN0383.jpg

2階の廊下

広くて天井高くて観光客イパーイ


DSCN0389.jpg

アヤソフィア内の中庭にて

オレンジジュースを人力でつぶしてフレッシュジュースを作る店員さん

。。。見てるだけでやばさが伝わります(ジュースを求める観光客の列を見ながら


DSCN0392.jpg

トルコ旧市街を散策

トルコには横断歩道を渡るという習慣がないのか

車が来ていないときに横断するのがあたりまえのようです

もちろんボク達もそれにならって渡ります


DSCN0394.jpg

トルコに来たら本場のケバブを食べないと!

って事でロカンタ(トルコの食堂)へ

ショーケース内の食べたいものを伝えると、皿に盛られて会計されるシステム

どれが美味しいのかわからないので、量が減っている物をチョイス

手前がケバブで、中央が坊さんの気絶と何かで、奥がバターライスみたいなやつと何かと何か

写真で見るとそうでもない量に見えるが、実際は腹パンパンレベルの量でした。。。


DSCN0395.jpg

道なりに見つけたモスク


DSCN0398.jpg

ブルーモスクより内部は簡素でしたが、それでも十分キレイ

観光客もほとんどいなかったため、居心地もよくすごく良かった。。。


DSCN0403.jpg

大通りから外れた道での一枚

以外と坂道が多くて、軽い運動レベルの疲労感が味わえます


DSCN0404.jpg

奥に見えるビルの辺りが新市街


DSCN0406.jpg

別の角度から撮った新市街


DSCN0408.jpg

駅の近くのモスク

人、人が、いっぱい


DSCN0411.jpg

モスク内部

ここはやっぱり観光客がそれなりに


DSCN0414.jpg

やっぱり柱が美しく


DSCN0415.jpg

モスク入り口から撮った新市街

DSCN0416.jpg

天気よすぎぃ


DSCN0418.jpg



改装中でした


DSCN0421.jpg

観光名所の地下宮殿

こういう暗い水辺の魚ってなんか怖いよね。。。

落ちたら食べられてしまいそうで


DSCN0423.jpg

雰囲気が出ているライトアップすなぁ


DSCN0431.jpg

逆立ちしたマ○コデラックス、に見えなくもないメデューサ


DSCN0433.jpg

横向きDX

地下迷宮はモスク見た後だとインパクトにかける。。。

ただ地下にあるので、地上の日差しから逃れて涼をとるのには良いかも


DSCN0445.jpg

ホテルの階段での一枚

ラブホのようにも見えなくもない。。。


DSCN0449.jpg

ロビーのランプ

この日は昼のケバブと歩き疲れでそのまま就寝。。。




トルコ旅行の執筆ペース遅すぎワロタ

とりあえず時間ある時にまたーりと書き進めマス
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://o2igir1.blog104.fc2.com/tb.php/704-178136cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック